ペンタブレットをintuos draw 1024レベルからintuos 4 2048レベルにして試し書きをしてみたいが、、、

 

しかし、1024レベルで足りないだろうか?

 

考察

 

筆圧に対する鉛筆の濃淡は、多分直線的ではない。だからGIMPの様に、筆圧対濃度の非線形調節が有効なのだろう。考えてみれば、鉛筆はばねじゃないので線形であるはずはないですよね。

 

(1)GIMPの筆圧曲線の変更は、

 

・動特性の、対応状況の一覧というプルダウンメニューで、強さを選択すると非線形にできる。

 

・筆圧は255段階までしか設定できない?模様。

 

動的特性はpencil Genericを編集した。ブラシは下図の様に粗目。

 

GIMPの用紙の設定は

 

・フィルタ芸術的効果キャンバス

 

などで選択ができる。

 

GPUの無い Windows PC lets’s note CF-9でやってみた。

 

感想

 

・描画速度は、問題ないが、まだインクペンの様だ。背景パターンはキャンバス地だが、ブラシ自体はべた書きで、ペン先を鉛筆らしく選んで試してみました。

 

GIMPはフリーウェアなので、仕方がないのかなあ?

 

なお、ペンタブを接続したら、タスクマネージャでWTabletServiceProを再起動してから、GIMPを再起動してください。筆圧が有効になりません。

 

(2)PhotShopでは、

 

インク流量のジッターを80%にして再度鉛筆画に挑戦した。色の濃淡は、カラーの調整で代用する。

 

Core i7 Quad FMVにて、PhotoShop CCを設定

 

結果

 

intros draw intros 4 に変えてみたが、濃淡設定幅が調整できず、drawペンの濃度が半分になってしまった。設定があるはずなので、また挑戦したい。

 

・ただし、書き味は確かに良かった。intuos drawのプラスチックのペン先をフエルトに変えてみようと思った。早速、intuos3付属の黒いフエルトに交換したところ、滑りの感触が向上した(摩擦が増えた?)

 

以上、ペンタブ周辺の使い勝手身近なソフトとのレポートをしてみた。

 

今回描いて思ったことだが、形か? 印象か? でデフォルメすることでアートは生まれると思う。イメージで頭に浮かんだ通りのことが、実際に絵に現れるかまで訓練することが目標である。

 

印象というのは特徴を捉えているか? がポイントとなるが、基本構造が頭に入っていれば、デフォルメしても不自然にならない。

 

ペンタブの課題は、ブラシの使い方でどれだけ技法が表現できるか? 描いて実現できるか? がポイントである。このことを踏まえて、よくある美術書籍にあるタッチを実現するために、ブラシの設定をいかに使うかに焦点を当てて、ソフトの使い勝手を評価したい。

自分で稼ごう!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス