ペンタブを使って、PCに電子画にする方法について模索している。手元にIntuos drawがあるので、ArtRage3を使って、鉛筆画に準ずるものができないか検討しているが、PCの処理能力に依存する部分が課題として残っている。

Core i7 U640 Panasonic CF-9でももたつく(Windows10)Core i7 QuadFMV(GPUあり。Windows10)でもやってみた。

 

設定は、

 

鉛筆B

・筆圧 60%

・柔らかさ 75%

・傾き角度 45%

・太さ 30%-60%

 

Panasonic CF-9 Core i7 U640にて

 Core i7 Quad FMVにてやってみたが、やはり高速であるためもたつきは小さかった。

 

筆圧検知ソフトとして、GIMPについてもインストールしたが、筆ペンのブラシ設定まで検討した。

 

GIMPはデフォルトではペンタブの圧力検知は無効になっているので、

 

・編集ペンタブの設定でスクリーン、筆圧を設定して保存する必要があります。

 

その後、

 

・ウィンドウ描画の動的特性で、新規に設定するかして、新しい設定をして、右下の更新ボタンを押すと新しい設定が有効になります。

 

設定は

・筆圧で、不透明度・サイズ・角度・色・硬さ・強さをチェック

・筆圧で、不透明度をチェック

 

Panasonic CF-9 Core i7 U640にて

 

Core i7 Quad FMVにて、

 

Photoshopでの鉛筆設定は下記に紹介がありました。

http://konikugan.com/?p=182

 

黒の色鉛筆で描いたような感じですね。

 

印象は、PCの処理速度が大事ということです。ペンを太くすると遅くなります。利用するお絵かきソフトの処理によりますが、描きやすさは処理の速さを求めます。

自分で稼ごう!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス