絵を描くことに対する、自分なりの方法を見つけたいと思うスタンスが必要だと思います。

 

例えば、

・形を取るには最初は描き過ぎてはいけない。輪郭を全部書かない。

・陰影を描く。面を描く。描きこむ。

の順など。

 

でも、

・裏打ちされたもの

が必要ですよね。物というのは、完成像とテクニックかな?

 

テクニックというのは、技術、そこに至るまでのすべての意味です。

 

いきなり描けるのは、数学と同じで、問題を解く自分の着想パターンを研究していると発想するもので、着想にたどり着いたから描けるだけ。

 

・裏打ちされたものから着想が得られる

 

のでしょう。

 

だから、数学の問題を解く様に、

・初めての問題にぶち当たった時の考え方・着想への導き方のスタイルを研究する。

・エレガントをこころがける。

・いろいろやっていると、規則性に気づき、公式を導き出せる。

・そのエリミネート。これが個性であり、自分のパッション、

なのでしょう。

 

でも、そこに至るまでは、ワークが必要。

 

・ワークというとやる気がでないから研究と言った方が近いかな

・頭が良ければ、気付きも早い

・ブレークスルーを探す・見つける、次にルールを見出す、

という訳です。

 

そして、

 

・人には、感覚に共感を呼ぶ・驚かせる

ことが目標ですが、

 

その時の恐怖心は?

 

・できないと思うこと。それが心のブレーキ。

・これなら自分にもできる、を積み重ねる

・着想のしかたを見つける、

 

これさえわかれば、何とかなるでしょう。

 

スタイルというのは、解法スタイルなのかな? なんでもそうですけど。

 

無かったものに対しては、解法への期待感、自分のライフスタイルのステップアップを求めるものです。

 

結局、やり方が世の売り物で、自分は心理を見つめればよい

 

・外にはヒーロー、憧れ、子供の心理、目標に対する頑張り

・近いヒーローはメンター、

という、心理的な構造があると思います。

 

頭の良いというのは、心理スキルと学問スキルということになり、

心理を経験していれば、近道ができると思います。